小正月 ~お正月の終わりを締めくくる~

Photo ©繭玉by Yasunari Nakamura on flicker

元日から七日までを「大正月」と呼ぶのに対して、1月15日は「小正月」と呼ばれます。
この日は正月飾りなどを焼く日と認識している人も多いのではないでしょうか?
なぜ小正月に正月飾りを焼くのか紐といてみたいと思います。

小正月の由来

 

小正月は、14日から16日までの3日間、14日の日没から15日の日没までなどいろいろな説がありますが、現在では一般的に1月15日となっています。

その昔、太陰暦が入ってくる以前の日本では、満月から次の満月の前日までをひと月と考えていました。
ところが、中国大陸から太陰暦が入ってくると、新月から次の新月の前日までをひと月としたので、この暦ではでは満月の前に正月がきてしまい、満月は1月15日となりました。
正式な正月ではないけれど、古来の正月である1年の初めての満月を「小正月」と呼ぶようになったとされています。

大正月と小正月

大正月は歳神様を迎える行事であるのに対し、小正月は豊作を祈り、また正月の間忙しく働いた女性をねぎらう休息日でもありました。このことからこの日は「女正月」とも呼ばれます。

小正月の行事

 

小豆粥と餅花

 

一般的には、「小正月」をもって、正月の行事は終わるとされています。

地域によってはこの日、無病息災を願って小豆粥を食べるところもあります。小豆は邪気を払うと考えられているためです。
また、これらの地域では正月の間は肉を含め赤い食品を口にしない習わしがあるところもありました。


さらにこの日は紅白の餅を柳などの木に飾りつけた餅花を飾り豊作を祈ります。

左義長

 


また、この日かその前日には正月飾りを焼く左義長が行われます。(現在は子どもが休みの日に行われることが多いようです。)
平安時代に宮中で、正月15日および18日に清涼殿の東庭で、青竹を束ねて立て、これに扇子・短冊などを結びつけ、陰陽師がはやしたてながら焼いたのが起源と言われています。
地域によって「どんど焼き」、「とんど」など呼び名が違います。
正月にお迎えした歳神様を煙とともに天に送る行事でもあり、これで正月は終わりとなります。
また、その火で焼いた餅を食べると病を除くとか、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達するなどと言われています。

地域による違い

 

1月15日に正月飾り等を焼き、この日で正月行事が終わるとするのは全国共通ではありません。

月飾りを飾っておく期間を「松の内」と呼びますが、松の内は大きく分けて、関西では1月15日まで、関東では1月7日までとするそうです。
ただ、九州では1月7日までが松の内と考えるところが多く、ここ鹿児島でも7日を過ぎるとお正月飾りは目にしなくなります。

また、鹿児島では左義長を「鬼火焚き」と呼び、1月7日ごろに行われるのが一般的です。

 

■鹿児島の鬼火焚き情報

ドヤドヤサー

 

内之浦の正月の伝統行事で、鬼火焚きと七草祝いが組み合わされたものです。
浜辺に立てられた約15メートルの孟宗竹の先端に扇や色とりどりの布が飾られます。豊作祈願の旗や扇が飾られます。
孟宗竹に結ばれた12本の縄を七草祝いの晴れ着姿の子どもたちが月ごとに持ちます。
竹に火がつけられるバン、バンと竹のはぜる音が響き渡ります。この音で新年の災難等を払う行事です。

日時:2020年1月7日 (火) 神事 13:30 / 火入れ 14:00
場所:内之浦漁港そばの空き地
Tel: 肝付町歴史民俗資料館 0994-65-0170

公式サイト

山田の里「鬼火焚き」

 

山田地区のコミュニティあげての楽しい催し。
上名棒踊り、下名棒踊りなどの地域の伝統芸能、蒲生郷太鼓坊主演奏などのイベントが開催され、巨大な鬼面も登場。燃え盛る火で邪気を焼き払います。炭火が準備されるので、お餅があればもっていって焼いてもらえます。
また、先着でぜんざいの振る舞いもあります。

日時:2020年1月12日 (日) イベント 16:30 / 鬼火焚き 18:00 ~
場所:中川原橋近くの田んぼ
Tel: 0995-73-7434 山田校区コミュニティ協議会

公式サイト

 

 

 

 

 

カテゴリー : 年中行事 , 日本の文化

タグ : Free Wi-Fi , Nen , ねん , ひなまつり , アトリエ , カフェ , ガーデン , クリスマス , ケーキ , コーヒー , フォーマル , フリーWi-Fi , 公共無線LAN , 公共無線ラン , , 無料Wi-Fiスポット , 癒し , 紅茶 , 雛祭り , 鹿児島

関連のある記事

八朔 ~たのみの節句~

八朔 ~たのみの節句~

2019年08月29日(木)
【雑節】半夏生

【雑節】半夏生

2019年06月18日(火)

人気のある記事

【24節気】立春

【24節気】立春

2020年02月06日(木)
【24節気】雨水

【24節気】雨水

2020年02月22日(土)
古里観光ホテル露天風呂

古里観光ホテル露天風呂

<古里観光ホテル露天風呂は2012年9月末に閉館...

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館

文学館では鹿児島にゆかりのある作家の作品など...

鹿児島中央駅

鹿児島中央駅

鹿児島の陸の玄関口であり、今一番注目されてい...

桜島溶岩なぎさ公園&足湯

桜島溶岩なぎさ公園&足湯

桜島港から徒歩5分。日本最大級の足湯(利用料...

城山展望所

城山展望所

市街地、錦江湾、桜島そして大隅半島まで見渡す...

南洲墓地

南洲墓地

西郷隆盛をはじめ、西南戦争における薩軍戦死者...

かごしま文化工芸村

かごしま文化工芸村

緑に囲まれた静かな環境のもと、陶芸、木工芸、...

輝北天球館

輝北天球館

連続して星空日本一に選ばれた輝北町。星空を堪...

[観光農園] ひむかの郷

[観光農園] ひむかの郷

日置市日吉町のよく手入れされた段々畑を抜けた...

東雲の里 あじさい園

東雲の里 あじさい園

自然の山の起伏をそのまま生かして作られた広大...

知覧武家屋敷

知覧武家屋敷

およそ250年前に造られた武家屋敷と庭園。7つの...

桜島

桜島

鹿児島から約4km先にそびえ立つ鹿児島のシンボ...

2020.03

イベントガイド

[ひな祭りイベント]
出...

開催日 : 2020年03月01日(日)

第40回いむた池梅マラソン大会 (2020)

第40回いむた池梅マラソン大...

開催日 : 2020年02月23日(日)

第8回 南さつま海道 鑑真の道歩き (2020)

第8回 南さつま海道 鑑真の道...

開催日 : 2020年02月22日(土)〜2020年02月23日(日)

鹿児島を食べる