冬至の食べ物って?

今年は12月22日が冬至。北半球では昼の時間が一年で最も短い日。

この日、柚子を湯船に浮かべたゆず湯に入れば風邪をひかないといわれています。
柚子は強い香りで邪気を祓うという意味があり、冬至にゆず湯に入るのは邪気を祓って体を清めるためとか。

また、冬至にカボチャを食べる家庭も多いと思います。

冬至に食べる風習があるのはカボチャだけではありません。

名前に「ん」のつく食べ物は「運」がつく、というわけでカボチャ「別名・なんきん」が食べられるわけですが、他にも「れんこん」「にんじん」「ぎんなん」など特に「ん」が2つ入っている食べ物はよいとされているようです。

冬至は太陽の力が一番弱い日、つまり陰の気が極まる日とされ、それ以後は太陽の力が再び強くなっていく日(陽の気が強くなりはじめる日)なので、運気も上昇しはじめる日とされ、「ん(運)」がつく食べ物を食べるようになったとか。

迷信のようでもありますが、栄養面から見ても理にかなっているようです。風邪をひきやすいこの季節、ビタミンやカロチンは風邪予防に効果があるります。

また、地域によってはこんにゃくを食べるところも。

コンニャクは「腸の砂おろし」と呼ばれ、体内にたまった砂を出すという意味があります。
こんにゃくは便秘解消に効果的と言われていますよね。
このような年中行事や風習はだんだん忘れられていっていますが、風習とその理由をひも解いてみると昔の人の知恵に驚かされます。

 

カテゴリー : Japanese Culture , text , インフォメーション , 年中行事

タグ : Nen , ねん , アトリエ , カフェ , ガーデン , クリスマス , ケーキ , コーヒー , フォーマル , , 癒し , 紅茶 , 鹿児島

人気のある記事

冬至の食べ物って?

冬至の食べ物って?

2014年12月22日(月)
秋の七草

秋の七草

2013年11月06日(水)
月読神社

月読神社

桜島で一番大きく、708年から715年に建立された...

鹿児島市

鹿児島市

南国の陽射しと穏やかな湾に浮かぶ桜島。そして...

古里観光ホテル露天風呂

古里観光ホテル露天風呂

<古里観光ホテル露天風呂は2012年9月末に閉館...

桜島溶岩なぎさ公園&足湯

桜島溶岩なぎさ公園&足湯

桜島港から徒歩5分。日本最大級の足湯(利用料...

ふるさと考古歴史館

ふるさと考古歴史館

遺跡や発掘資料を通して考古を学べる博物館。CG...

平川動物園

平川動物園

広大な敷地におよそ200種類の動物がいます。...

輝北天球館

輝北天球館

連続して星空日本一に選ばれた輝北町。星空を堪...

東雲の里 あじさい園

東雲の里 あじさい園

自然の山の起伏をそのまま生かして作られた広大...

桜島

桜島

鹿児島から約4km先にそびえ立つ鹿児島のシンボ...

知覧武家屋敷

知覧武家屋敷

およそ250年前に造られた武家屋敷と庭園。7つの...

県立吹上浜海浜公園

県立吹上浜海浜公園

吹上浜は、南は加世田市、北は吹上町まで続く砂...

ミュージアム知覧

ミュージアム知覧

「はるか南の海を渡ってきた文化と、遠く北の山...

2017.08

 
  

鹿児島を食べる