アフタヌーンティーでイギリスを満喫 - 薩摩英国館 -

鹿児島市方面から知覧峠を越えて知覧インターチェンジから約8キロ。
右手に建つ二階建ての赤いロンドンバスが目印の薩摩英国館。

イギリスと関わりの深い鹿児島。その貴重で詳しい関係資料を数多く展示する館内のミュージアムは必見。

ここ英国館は建物の外観もまるでイギリス。前庭もよく手入れされたイギリスの庭を彷彿とさせます。

イギリス気分を味わえるのは外観だけではありません。ここのティールームでは本格的なアフタヌーンティーを楽しめるのです。

丁寧に淹れたロイヤルミルクティーとスコーンの組み合わせは最高です。
スコーンには本場と同じジャムとクリームが添えられています。

デザートはスコーンだけでなくブラウニーなど、イギリスで人気のおいしいケーキもチョイスできます。

イギリス好きには見逃せない場所ですが、実はイギリス人やその家族にもリピーターが多い場所。
アフタヌーンティーを優雅に味わえるのという理由に加え、英国館全体の雰囲気と香りがまさに英国だから、鹿児島に居ながらにしてイギリスのショップにいるような気分にさせてくれるからです。

さらに、英国で市販されているカトラリーや雑貨、お菓子、紅茶、食品などがここでは手軽に手に入ります。

イチオシは英国の”The Great Taste Awards”で何度も金賞に輝いた「夢ふうき」。紅茶の本場で高く評価されたまろやかな味は本物です。(下の写真の一番上の棚のしかくい缶が夢ふうきです。)

紅茶とぴったりのイギリスのお菓子といえば、ショートブレッド。ぜひ食べてみてください。
(下の写真の右下の赤い箱がショートブレッドです。)

ゆっくり過ごしたい午後はここ薩摩英国館でまったりと。

実際にロンドンを走っていた二階建ての赤いバスは車内の見学もできます。

車内から見る景色はいつもと違う気が。

知覧で気軽にイギリス体験して、英国館が建つ川沿いの散歩もおすすめです。この川では運がよければ瑠璃色の美しいカワセミを目にすることもできます。

たまには違った休日をどうぞ♪

 

英国館詳細情報 

 

 

 

カテゴリー : text

タグ : Nen , ねん , アトリエ , カフェ , ガーデン , クリスマス , ケーキ , コーヒー , フォーマル , , 癒し , 紅茶 , 鹿児島

人気のある記事

冬至の食べ物って?

冬至の食べ物って?

2014年12月22日(月)
秋の七草

秋の七草

2013年11月06日(水)
鹿児島市立美術館

鹿児島市立美術館

黒田清輝、藤島武二や東郷青児などの鹿児島出身...

長島美術館

長島美術館

鹿児島市が一望できる高台に立つ美術館。屋外に...

城山展望所

城山展望所

市街地、錦江湾、桜島そして大隅半島まで見渡す...

維新ふるさと館

維新ふるさと館

明治維新を中心に鹿児島の歴史を分かりやすく紹...

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館

文学館では鹿児島にゆかりのある作家の作品など...

磯周辺

磯周辺

往年の島津家を忍ばせるエリア。薩摩藩主島津家...

輝北天球館

輝北天球館

連続して星空日本一に選ばれた輝北町。星空を堪...

東雲の里 あじさい園

東雲の里 あじさい園

自然の山の起伏をそのまま生かして作られた広大...

桜島

桜島

鹿児島から約4km先にそびえ立つ鹿児島のシンボ...

知覧武家屋敷

知覧武家屋敷

およそ250年前に造られた武家屋敷と庭園。7つの...

県立吹上浜海浜公園

県立吹上浜海浜公園

吹上浜は、南は加世田市、北は吹上町まで続く砂...

ミュージアム知覧

ミュージアム知覧

「はるか南の海を渡ってきた文化と、遠く北の山...

2017.08

 
  

鹿児島を食べる